すっぽんマカ黒

この記事は約1分2秒で読めます

6800975931_72a55240e5_b

昨年の秋にヘルニアの診断がくだった黒でしたが、鍼灸・漢方のかいあってか、飼い主がヒヤヒヤするほど元気に走り回っています。ちまたではすっぽんマカ黒と言われるほどに。

 

6800977931_48029a5b00_bチコも元気ですが、3月の健診のときの聴診で心臓に雑音が。エコー・レントゲン・血圧などの検査をしたところ、僧帽弁閉鎖不全症の初期の段階でした。チコ自身には自覚のない状態(疲れやすさも咳もない)で、まだ日常生活の制限もありませんし、投薬も必要ない状態です。自宅でも毎日聴診器でチコのかわいい心臓の音を聴いていますが、月にいちどは病院で心臓の音を聴いてもらい、2〜3ヶ月にいちどはエコーをとって経過観察をしようとおもってます。

チコは保護したばかりのときの、いちばん最初の健診で、先生が「ん?」とすこし気になる様子でいたので、(軽い不整脈でした)心臓のことはずっと気にかけていました。まだ7歳なのに弁膜症だなんて。

心臓病、先代の犬(柴犬のさくら)も、仔犬の頃から心臓にトラブルを抱えていました。散歩中疲れて座り込むことも多かったし、発作で突然倒れることも。でも、17歳までふつうの暮らしをしていたし、最期は痴呆症→老衰でした。さくらの、もともと穏やかでのんびりした性格も幸いしていたのかもしれません。

心臓病は治すことはできないけれど、今の状態をできるだけ長く保ったり進行を遅くすることはできます。ほんの初期の状態で、病気が発見できたことは本当によかった。かかりつけの病院には循環器を専門にしている先生もいらっしゃるので、今後の経過観察と治療は安心して委ねようとおもっています。飼い主ができること(適切な運動、食事の質、たのしい生活)は、なんでもするよ。

関連記事

  1. 2016.01.09

    老化のサイン

コメントをお待ちしております

コメントを残す

About this site

BIENVENID@S!
Amores Perros(アモーレス ペロス)へようこそ。Perroはスペイン語で犬、Amoは愛、直訳すると犬のような愛。

このサイトでは自身が愛犬との暮らしのなかでいち飼い主として、学んだこと、考えたこと、飼い主にできる安心で安全なホリスティックケア、信頼関係を壊さないしつけなど、備忘録兼ねてアップしています。

取り入れた経験のある、または取り入れたい自然療法についての記事も多くなりますが、そこに信仰心は介入していません。自宅で飼い主ができる犬にも人にもやさしいホリスティックケアは、犬のストレスの軽減としあわせに焦点を合わせた、とても穏やかで侵襲度の低いケアです(痛みや負担をできるだけ少なくするケア)。西洋医学の治療が必要な状態の犬には、迷わず西洋医学の治療を受けさせるべきと考えています。

手元の資料の関係や15年以上前に運営していた個人サイトで投稿した記事などの引用もあり、古い情報も混在します。また、予告なく加筆・削筆・修正することもございます。情報の正確性の判断・利用等につきましては、どうか飼い主さま責任でおねがいします。

Amores Perros
(アモーレス ペロス)
mica

2012年4月
« 1月   5月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

Recent Comment