動物福祉とは

この記事は約52秒で読めます

動物保護活動における用語の定義として、地球生物会議 ALIVEの野上さんが、大変わかりやすく説明してくださっているページがありましたので、リンク&引用します。

http://www.alive-net.net/law/gainen/yougo.html

●動物福祉

動物福祉(Animal Welfare)は、一般的に人間が動物を所有・使用することを認めた上で、単に虐待を防ぐ、苦痛を与えないというレベルからさらに進んで、よりよい 飼育環境の向上を図るといった意味があります。何が動物にとってよりよい飼育環境かを知るためには、動物の本来の生理や習性、生態への理解が必要となり、野生状態の観察調査や動物行動学、獣医学に基づく応用科学的な研究も行われるようになりました。また、福祉の対象もペットに限らず、畜産動物や実験動物、動物園動物などと幅広いもので、飼育におけるストレスの軽減や除去、飼育環境の快適さの促進は、実験動物や畜産動物の分野では重要なテーマとなっています。動物を殺す場合は、可能な限り心身の苦痛のない方法を取ることとされています。

しかし、日本ではこれもまた「動物愛護」の名前で翻訳されることが多く、たんに「動物をかわいがること」というフイルターにかけられてしまうため、殺処分の現実から目をそらすことになったり、動物行動学、獣医学的な知見への理解が進まないことになってしまいます。

関連記事

  1. 2017/09/10 青山 ファーマーズマーケット譲渡会

About this site

BIENVENID@S!
Amores Perros(アモーレス ペロス)へようこそ。Perroはスペイン語で犬、Amoは愛、直訳すると犬のような愛。

このサイトでは自身が愛犬との暮らしのなかでいち飼い主として、学んだこと、考えたこと、飼い主にできる安心で安全なホリスティックケア、信頼関係を壊さないしつけなど、備忘録兼ねてアップしています。

取り入れた経験のある、または取り入れたい自然療法についての記事も多くなりますが、そこに信仰心は介入していません。自宅で飼い主ができる犬にも人にもやさしいホリスティックケアは、犬のストレスの軽減としあわせに焦点を合わせた、とても穏やかで侵襲度の低いケアです(痛みや負担をできるだけ少なくするケア)。西洋医学の治療が必要な状態の犬には、迷わず西洋医学の治療を受けさせるべきと考えています。

手元の資料の関係や15年以上前に運営していた個人サイトで投稿した記事などの引用もあり、古い情報も混在します。また、予告なく加筆・削筆・修正することもございます。情報の正確性の判断・利用等につきましては、どうか飼い主さま責任でおねがいします。

Amores Perros
(アモーレス ペロス)
mica

2016年1月
« 1月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Recent Comment