触らず、話しかけず、目を見ない(No touch,No talk,No eye-contact)

この記事は約5分24秒で読めます

触らず、話しかけず、目を見ない(No touch,No talk,No eye-contact)

犬と暮らしていないひとはおろか、犬と暮らしているひとにとっても犬が好きな人にとってはなかなかむずかしい注文ではありますが、いつも犬に吠えられちゃう、あるいは何度か会ってるけどいつも会ってしばらくは吠えられちゃうって思ってる方、ぜひ心に留めていただければなと思うことがあります。

触らず、話しかけず、目を見ない(No touch,No talk,No eye-contact)

カリスマドッグトレーナーで有名なシーザー・ミランが口を酸っぱくして言っているセリフで、わたしもナショジオで放送された数々のエピソードで耳にしたことばです。

cesar-milan-chihuahuasシーザー・ミランという人、彼のトレーニング方法については世界中いろいろな方から賛否両論あるようですが、トレーニング方法はおいといて(ど素人のわたしがなんだかんだと理論で語れることはありませんので)わたしはこの、自分の犬以外への
”触らず、話しかけず、目を見ない”
に関しては諸手をあげて大賛成です。自分の犬にはたくさん触れて目をみながら話しかけますけどね!

見知らぬ人に甲高い声で話しかけられたり、じっと目をみられたり、触ろうとされたりして吠えちゃった犬が叱られるのは本当に理不尽です。

人間は仲よくしたくてやってることでも犬にとってはまったく逆の意味であったりしますからね。盲導犬のような使役犬に望む「どんなことでも我慢する」しつけであったり、あるいはリーダーシップが最重要で「飼い主の命令は絶対」というしつけを、「犬は家族」といいながら自分の犬にするつもりはさらさらありません。

といっても”触らず、話しかけず、目を見ない”について”触られそうになる、話しかけられる、目をじっとみられる”ときの犬の反応って、当然個体差はありますよね。

わが家の歴代の犬で言うと

リリ(チワワ)は静かにスルーして静かに距離をとります。身体能力の高い身軽な犬だったので、抱っこされたくないときに抱っこされそうになるとどこにでもするすると逃げます。猫のようです。

チャッコ(チワワ)は相手がやめてくれなければ全力で吠え続けます。やめてくれなければ口がでることもあります。いちど慣れた相手には心底甘える犬でしたが、警戒しているときに面白がって脅したりからかう相手に対しては何度会おうと生涯懐くことはありませんでした。

さくら(柴犬)はリリと同じで、静かにスルーじて静かに距離をとります。でもリリのようにするすると逃げることはできないので、ときにはじっと我慢していることもありました。

パウ(チワワ)は甲高い声で「かわいい〜♡」と声をかけられるのは「まぁボクかわいいから仕方ないよね」的な感じで短時間愛想よくお付き合いし、でも、そのあと気安くベタベタされるのはイヤだから自分から程よい距離をとります。フレンドリーでありながらクールで処世術に長けた犬でした。

黒(チワワ)は完全にイチゲンサンお断り。犬に対して礼儀を重んじてくれない人や犬に対しては唸って威嚇したりコラッと一喝して距離をとります。威嚇はガラガラヘビの尻尾みたいなもんだとおもってください。噛むことは決してありませんでした。

チコ(チワワ)は相手に興味はあって、そばによってにおいも嗅ぎたい。相手がじっとして自分を無視してくれていればやりたいことをして落ち着きますが、におい嗅ぎするまえにじっと目をみられたり、手のひらを出されたり、話しかけられたり、相手に挙動不審な態度をとられたりすると全力で吠えます。ひらひらと手を出されたら口が出ちゃうことだってあります。思いっきりは噛まず、歯を当てる程度ですけど。

ラナ(チワワ)は相手が近づく気配があってもなくても予防吠えをします。「来ないでー!(落ち着くまで)かまわないでねーっ!」てね。顔立ちがおとなしい穏やかな顔をしているせいもありますが、ラナをみると触りたがる人が多いです。パウといっしょです。でも、ラナはできることなら逃げたい。パウみたいに上手にお付き合い程度の相手もできないし、離れたいときの距離のとり方やスルーの仕方もわからない。目の前まで来られてしまえば諦めるし、おとなしく抱っこもされる(固まってる様子から我慢してるんだとわかります)。決して噛んだりしない。でも、それはラナが諦めて我慢してくれてるだけ。一定の時間を穏やかに過ごして自分が慣れて落ち着いた相手には本当に心身共にやわらかくしなやかに、そして穏やかに可愛らしく甘えます。

たった7匹の犬でさえ、それぞれこんなに反応が違うのですが、人間にとってはなかなか悪くない反応だった(というよりむしろ好意的な感触さえあった)であろうパウだって、最初に会ったとき、触らず話しかけず目をみなかった人のことを好ましく感じています。

人間の言葉で人間に伝えることができるのって基本人間だけですよね。

散歩ですれ違う程度の、或いはもう一生会うこともない通りすがりの人に過剰に気を使って犬に無理を強いる必要があるのかなって思うんですよね。犬が好ましくないと感じることを相手がして、助けてくれるはずの飼い主までもがそのことを「叱る」って、犬のきもちを考えるとちょっとわたしにはできないです(「苦手を克服しようね」なんてむりやり近づけた挙げ句にリードショックで叱ったりなど)。ある程度距離をとれば落ち着いてすれ違えるのに。

「吠えるのは飼い主のこと信頼してないから」

ってことを平気で言う人がいるんですよ。

以前わたしの知人でチワワと暮らしていた人が、「吠え」でとっても悩んでました。わたしがお宅に遊びに行った限りでは、「え?うちの犬たちのほうがよっぽどにぎやかなんだけど!」ってくらいでしたが、飼い主さんはとても繊細でやさしい方で。

犬のこと、本当にとても可愛がっていましたよ。擬人化してるかわいがり方でもなく、本当に犬として大切に大切に。信頼関係だってちゃんと築けている感じが伝わりました。

とあるオフ会に出た際に「犬がほえるのは飼い主との信頼関係がないからよ」って言われたらしく(よくもまぁはじめて会った人にそんなこと言いますよね〜)、とっても気になさってしつけ教室にも通うように。

「え、それ言われたときってそのとき吠えてたの?」って聞いたら「そのときは吠えてなかったんだけど、吠えちゃうととまらないって話をしたらそう言われたの」と。

「気にしないでいいよそんなの」

とはいえ、気にしちゃう人は気にしてしまうではないですか。

世の中ケチつけるの好きな人もいますからね。繊細で優しい人をみつけては、他人を落として自分を上げて、気分よくなろうとする人も。

とくにしつけをしなくても、フレンドリーな性格の犬だっていますよ。うちで言えばさくら(柴犬)もパウ(チワワ)もその手のタイプです。「よくしつけされてますね」って言われても「いえ、全然」としかこたえようがないです。特にしてないし。ほんとに。ただいっしょに仲よくのんびり暮らしてきただけなので。

でも、チャッコに会わせたらきっと「しつけ不足」とか言う人もいるでしょうね(直接言うか言わないかはわからないけれど)。

黒だって、血気盛んな年頃のときはケンカ売られれば吠えてましたよ。それでも黒自身が成熟したのもあり、何年かたてば激しく吠えていたものが鼻をヒクッとさせて「それ以上近づくなよ」程度の威嚇で済むようになったんです。

「大丈夫、黒がイヤなことはしないよ」ってことを、黒の成長に合わせてゆっくりわかってもらえればいいことでしょう?のんびりにおい嗅ぎをたのしみながら寄り道たくさんして歩くパウを、パウの体が宙に浮いてしまうくらいリードをぐいっとひっぱって歩かせる必要ってどこにあるの?(※パウのことは、とあるトレーナーが実際にしたことです)

結局知人はしつけ教室に通って以前よりこじらせてしまいました。もう15年以上も前のことなので、いまはトレーニング業界も手法がずいぶん変わってきているんじゃないかと思いますが、わたしは叱る必要がないのに叱るのは絶対にイヤです。それと同様に天罰だとかで驚かせたり怯えさせるのも嫌だし、家族といいつつ従属物のように扱うトレーニングにも大きな抵抗を感じています。人間中心の社会で暮らしている以上、ある程度は犬のもともとの習性をおさえてもらわなくちゃいけないシーンもある。そのときに、犬に不快感を与える方法で従わせるかたちにしたくはないんです。

いままでしつけについて素人だからと何も語らずにきましたが、素人も玄人もないんですよね。犬それぞれ性格違うし。飼い主は最大の理解者だってことを深く犬に感じてもらえるように、いっしょにいるだけで安心してぐでぐでになってくれるように、これからも精進します(`・ω・´)

その場で仲よくしたがったり、その場で結果を出したがったり、気が短すぎるひとがおおいんですよ!にんげんは!

正しくない犬へのあいさつ

正しくない犬へのあいさつ

関連記事

  1. 2017/09/10 青山 ファーマーズマーケット譲渡会
  2. 2011.07.01

    Forever POW

About this site

BIENVENID@S!
Amores Perros(アモーレス ペロス)へようこそ。Perroはスペイン語で犬、Amoは愛、直訳すると犬のような愛。

このサイトでは自身が愛犬との暮らしのなかでいち飼い主として、学んだこと、考えたこと、飼い主にできる安心で安全なホリスティックケア、信頼関係を壊さないしつけなど、備忘録兼ねてアップしています。

取り入れた経験のある、または取り入れたい自然療法についての記事も多くなりますが、そこに信仰心は介入していません。自宅で飼い主ができる犬にも人にもやさしいホリスティックケアは、犬のストレスの軽減としあわせに焦点を合わせた、とても穏やかで侵襲度の低いケアです(痛みや負担をできるだけ少なくするケア)。西洋医学の治療が必要な状態の犬には、迷わず西洋医学の治療を受けさせるべきと考えています。

手元の資料の関係や15年以上前に運営していた個人サイトで投稿した記事などの引用もあり、古い情報も混在します。また、予告なく加筆・削筆・修正することもございます。情報の正確性の判断・利用等につきましては、どうか飼い主さま責任でおねがいします。

Amores Perros
(アモーレス ペロス)
mica

2016年1月
« 1月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Recent Comment