弱い犬ほどよく吠える

この記事は約5分1秒で読めます

4403924330_9876244d36_o

パウは達観してるねー 黒はやさしく見てるねー チコはあまったれてるねー

経験上、本当ですよ。

だから、どうかお願いです。

吠えてる犬に対して間違った方法で安心させようとしたり、大げさなリアクションで怖がったり、脅かしたり、驚かせたり、むやみに嫌って意地悪したりしないでくださいね。

たとえばですよ、わたしたちが海に潜るとしますよ。海のこと、みんなよく知らないでしょう?マグロはただ美味しい魚だと思ってるでしょう?でもデカイんですよ?本マグロなんか体長3m、重さ400Kg以上のもいるんですよ?海中で出くわしたら「うまそう!」って思う人もいるだろうけど、圧倒的に「こわっ!」って思う人のが多いですよね?本マグロより小さいけどメバチなんか目がでかいぶんもっと怖いかもしれない。きっと叫びたくもなっちゃいますよね?マグロは人間食べないってわかってても。

ダースベイダーみたいな溶接ヘルメットみたいなUVカットのサンバイザーをかぶって自転車から犬に声をかけてきて犬に吠えられて逆ギレして去って行くようなおばさんも、そんな機会があれば、臆病な犬の気持ちもわかるかもしれませんね。

よく、犬がお腹だすのは服従のときっていうじゃないですか。

6020807891_3f5dfcbb78_o

しつけ本でもしつけ番組でも。まぁそれも確かですよ。服従のときお腹出します。ふざけてるときも出しますけどね。

でもね、明かに力の差がある強い犬は、自分より弱い犬がビビって遊べないとき、相手に自分からお腹を出して自信をもたせて、「大丈夫、怖いことも痛いこともしないから!キミ強いね!」って遊びに誘うんですよ。べつに自分より弱い犬にお腹だして服従の姿勢とったからって「アイデンティティを否定されたような気になる」ってようなことをぐちゃぐちゃ言うような器の小さい強い犬はいませんからね。

12510264_10208033847585276_7142959217300301708_n

ただただ愛にあふれ、優しいんです。恐れないから、恐れている犬に優しくできるんです。恐れて怖がっている犬にイラついて怒ったりしません。本当に、弟子入り志願したくなるくらい慈愛に満ちた優しさがあるんです、強い犬には。

5746745422_dfffe698b2_o

犬同士の世界じゃ遊びのあいだの甘噛みなんかあたりまえですけど、ちょっと強く噛まれたくらいでギャーギャー言いません。度がすぎれば教えますけれど、それだって相手の心や体を傷つけるものじゃない。

弱い犬ほどよく吠えるってのはよく言われることですが、人間界でも似たようなことはよくありますよね。

本当に強い人は弱い人に対して「上から目線」なんかじゃなく、やさしい。相手の心に寄り添って、相手に自信を与えてくれるんです。

「怖がってる犬を脅かしたり叱ったりしないで」っていう話になると、うんうんと深く頷く人のなかに、

「怖いの?怖いよね?あぁかわいそうに!」

という調子でやたらと過保護になってしまう方もいるようですが、わたし、それもちがうとおもう。

散歩はベビーカーに入れて歩かせなかったり、先方に犬の苦手なこと(たとえば他の犬だったり、小さな子どもだったり、自転車だったり、スケートボードだったり)を見るやいなや犬より先に飼い主のほうが警戒してビクビクしてしまったりね。

飼い主は別に堂々としてればいいじゃないですか。自分の犬が、道をはさんですれ違う程度なら平気でいられるならその距離で歩けばいいとおもうし、こわくてへたりこんで道で歩かなくなった犬を「散歩嫌い」と決めつけて散歩に行かない、あるいは散歩を「たまに」のものにしてしまうのは、全然違うとおもいます。本当は世間体が悪かったり、めんどくさかったり、あきらめてしまうことの言い訳にせずに、何年かけてでも大切な犬に自信とよろこびを感じさせてあげてほしいです。

黒が逝ってしまって、わたし本当に心細いんですよ。そばにいなくてさみしくて悲しいってだけじゃないんです。いろんなこと黒に頼ってたから。

4329128883_a9a840190b_o散歩も未経験でケージの世界しかしらない、まったくの世間知らずの状態でわが家にやってきたチコ。

黒がいたからこそ、ビビリなチコもチコなりに、日々の生活でちょっとずつちょっとずつ自信をつけて、すくすく成長したんだなっておもいます。おもいますじゃないよ、そうなんだよ。

ジョギングで走る人のシャカシャカしたジャージの音が怖くて固まり、自転車をみては固まり、とにかく世の中こわいものだらけで歩けなかったチコを、パウと黒がはさんで歩いてくれたんです。わたしがそうしてほしいって言ったんじゃなく、パウと黒のあうんの呼吸で。パウと黒がいっしょなら、散歩もたのしく歩けるようになったチコ。そうこうして外になれてくると、1匹でも自信満々に歩けるようになりました。もうなにも意識せずにね。

黒におもうぞんぶん甘やかしてもらい、ビビリちゃんな性格ながらもちょっとずつ自信をつけたチコ。

黒がいなくなってしまったとき、黒の亡骸のまえでキューキューせつなく泣いてそばを離れないチコをみて、途方にくれましたよ。チコも年齢的にはいいオッサンなのですが、気分的には「黒、どうすればいいの、この乳飲み子を置いて・・・」でした。ほんとに。

12485932_10208026766128244_6947093037129242177_o

ラナ

だけどね、永遠の末っ子キャラだったチコも、いまや立派なお兄ちゃんキャラに成長。成長するんですよね、犬もね、年齢とか性格に関係なく。

ラナを迎えて、日々成長するお兄ちゃんっぷり、なんとも微笑ましく涙ぐましいです。きっと黒も草葉の陰からチコの成長を頬緩ませて見守っているはず。だって、このチコの成長だって、本当に黒のおかげですよ。黒がたくさんの愛でチコを育ててくれたからね。

ラナはWonderful Dogさんで保護されていた元保護犬。一般家庭からのレスキューだったのでお誕生日もわかります。チコとひとつちがい。

きっと元のおうちでとても可愛がられて育って、やむを得ない事情で手放すことになった子なのではないかなとおもいます。ただ、とても世間知らずで、年齢よりずっと幼い感じがします。わが家に来たときはお散歩もいまひとつにょろにょろにょろにょろとおぼつかない様子でした。

えらいね、チコ。パウと黒がそうしてくれたように、チコもお散歩のときラナに寄り添って、ラナも上手に歩けるようになりました。

4358860568_7b9d77f8a0_oだけど、におい嗅ぎしないんですよねー、ラナ。

チコは、パウと黒がにおい嗅ぎしてたら「どれどれ?」って感じでいっちょまえにいっしょににおい嗅ぎしてましたけど。

ラナはまだその余裕もないのかもしれないね。じょうずに歩けるようになったから、ただ歩くだけでたのしくて仕方ない。でもまだ興奮気味でにおい嗅ぎまでいかないのかな。攻撃性ゼロだけど、ハイパーなわんこが近づいてきたり、小さなお子さんが近づいてくると、高い声でよく吠えるもんね(笑)

においを嗅いだりできるようになったら、きっともっと落ち着いていまよりお散歩たのしめるようになるよね。

チコといっしょに、ラナにもいっぱい、たのしいこと教えてあげたいな。ラナはもうすぐ9歳、チコは10歳。犬はとっても素直だから、いくつになってものびしろいっぱいだもんね。ラナの本領発揮はこれからですよ!

kc黒が逝ったあと、ブログはすっかり滞りました。黒のこと、どう書いていいのかもわからなかったし、いまだに黒が隣にいないことを受け入れられていない気もするし。でも、黒がそばにいなくても、黒のおしえはチコに残ってるんですよね。だからラナのことでうーん、これはどうしたらよいものかとおもうとき、必ず考えるようにしてるんです。

黒ならどうするかな

って。

どんなときだって、黒は決してイライラすることも怒鳴ることも痛いことをすることもないんです。食べるスピードはせっかちだけど、その他のことはまったくせっかちじゃない。驚くほど気長に付き合うんです。

チコやラナみたいにちょっとこわがりな犬に黒がすることは、相手に自信をもたせて気分よく安心させてあげること。とにかく愛に溢れてるんですよ。

さっき、黒がいないことを受け入れられていないって書いたけど、それもちがうな。黒はいつもそばにいるからいない気がしないんだ。黒の行動が残したすべてがチコに宿って、わたしに宿って、ラナにも宿るから。

強い犬は威張らない。強い犬は脅かさない。強い犬は愛に溢れている。

だから、強い犬みたいな飼い主になりたい。

IMG_3863

Forever KURO

IMG_3865

関連記事

  1. 2011.07.01

    Forever POW
  2. 2017/09/10 青山 ファーマーズマーケット譲渡会

コメントをお待ちしております

コメントを残す

About this site

BIENVENID@S!
Amores Perros(アモーレス ペロス)へようこそ。Perroはスペイン語で犬、Amoは愛、直訳すると犬のような愛。

このサイトでは自身が愛犬との暮らしのなかでいち飼い主として、学んだこと、考えたこと、飼い主にできる安心で安全なホリスティックケア、信頼関係を壊さないしつけなど、備忘録兼ねてアップしています。

取り入れた経験のある、または取り入れたい自然療法についての記事も多くなりますが、そこに信仰心は介入していません。自宅で飼い主ができる犬にも人にもやさしいホリスティックケアは、犬のストレスの軽減としあわせに焦点を合わせた、とても穏やかで侵襲度の低いケアです(痛みや負担をできるだけ少なくするケア)。西洋医学の治療が必要な状態の犬には、迷わず西洋医学の治療を受けさせるべきと考えています。

手元の資料の関係や15年以上前に運営していた個人サイトで投稿した記事などの引用もあり、古い情報も混在します。また、予告なく加筆・削筆・修正することもございます。情報の正確性の判断・利用等につきましては、どうか飼い主さま責任でおねがいします。

Amores Perros
(アモーレス ペロス)
mica

2016年1月
« 1月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Recent Comment