ペットショップに行く前に受けてほしいセミナー:これから犬と暮らしたいと考えている方にぜひ!

この記事は約4分6秒で読めます

グリーンドッグさんでこんなセミナーを開催されていました(数年前にも開催されていたようですが一時中断し、2015年12月に復活したようです)。

ペットショップに行く前に受けてほしいセミナーの開催
http://www.green-dog.com/aboutus/csr/inukoto/seminar.html

いろいろ思うところを書きたいと思いますが、既にペットショップで購入されて犬と暮らしていらっしゃる方を非難する意図ではありませんので何卒ご理解いただければと思います。わたし自身もペットショップから迎えたことがあります。実家で暮らした犬たちとの出会いの場は、チワワたちはブリーダーから、柴犬は近所で産まれた犬をもらい受けるかたちでしたが、わたし自身が独立して最初に迎えたパウ(チワワ)はペットショップから、黒(チワワ)はブリーダーから、チコ(チワワ)とラナ(チワワ)は元保護犬です。

もう何年かまえのことです。WEBで読んだ記事(NHKのサイト内)で、犬と猫と暮らすうえで、終生飼育をしなくてはならないことを知らなかったと答えた人がかなりの数いたことが衝撃だったのを記憶してます。

犬や猫、ほかの動物でも、共に暮らすことを決めたなら終生飼育をすることくらい、子どもでもわかるでしょう!とおもうのですが、残念なことに飼い主による飼育放棄、多頭飼育の崩壊、ブリーダー崩壊はあとを絶たず、個人でのレスキューや保護団体のレスキューがいくら手を尽くしても救いきれないのが現状です。

犬の十戒、虹の橋など、犬と暮らす人たちのなかではWEB上で必ずみたことがある記事も、犬好き内だけでエンドレスでぐるぐるまわっていて、本当にみてほしい、きいてほしい人たちに届いていないことが多いように感じます。

このブログ内の記事でもそうです。犬と暮らしている方だけでなく、犬と暮らしていない方、犬が苦手な方にもみてほしいと思いながら書いた記事です。

触らず、話しかけず、目を見ない(No touch,No talk,No eye-contact)

弱い犬ほどよく吠える

サンシャインスマイルさんで紹介されている

正しくない犬へのあいさつ

犬のボディーランゲージ

子どもに教えたい犬との接し方

それから、イエロードッグクロジェクトも。 Japan-thumb-600x776-653

「ペットショップに行く前に受けてほしいセミナー」がなぜ大切なのか

なぜ飼育放棄はおこるのでしょうか?

いやいやそのまえに、なぜ、犬と暮らそうとおもったのでしょう?

自分自身、なんでかな。と思ってみたのですが、産まれるまえから犬のいる環境でしたから、実家にいるときは既に犬と暮らしている状態で人生がスタートしました。で、親元から独立してなぜ犬と暮らそうとおもったのか。

わたし、ものすごく長いあいだ我慢しました。社会人になって、都内でひとり暮らしをはじめて、犬のことは大好きで大好きでたまらないけれど犬と暮らせるような余裕は、金銭的にも時間的にもまったくありませんでした。

ペット可物件は少ないし、あってもものすごく高いし、日中は仕事でずっと留守番させてしまうことになるし、犬が病気になったときの医療費だって新社会人のお給料からじゃとても無理。医療費以前に、具合が悪そうなときに仕事が休めるかどうか。休むにしても、犬の具合が悪いので・・・とは言いにくいだろうなとか。そんなこと考えて頭のなかがパンパンになってしまい、独りのときは結局迎えることができませんでした。

そして、夫と暮らしはじめて数年経ったころに迎えたのがパウです。なぜ犬と暮らそうと思ったか、という点についてですが、独立して迎えられる環境が整ったら、必ず犬と暮らすということは、実家を出た時点ですでに決めていたからです。

でも、命に対しての責任を思えば思うほど、怖くて怖くてなかなか迎えることはできませんでした。子どものころから犬と暮らしてきて、たのしい・かわいい面だけでなく、どんなに犬たちとの暮らしが大変なのか、失ったときの苦しさがどんなに深いものなのかも、知っていたから怖かったのだと思います。

そして、どこから迎えるのかという点についてはとても情報不足で勉強不足でした。チワワと暮らしたいということは決めていましたが、チワワの里親募集など当時は見当たらず(まだインターネットも一般にはあまり普及してませんでした)、実家のチワワたちのブリーダーも既にご存命ではなく、電話帳にもブリーダーという職業は載っておらず、結局何件かのペットショップに問い合わせをし、足を運び、パウを迎えることになりました。犬をペットショップから迎えたのはパウがはじめてでした。

パウと暮らしはじめて数年経ったころ、例のあのCM、「ねぇパパ〜」「ボーナスまで待ちな・・・さ・・・」で有名なあの消費者金融のCMで、チワワが大ブレイク。

サラ金でカネ借りて犬買って、そのあと大丈夫なのかよ!ってテレビのまえでつっこんでましたが、とにかくあのCMがきっかけとなって、チワワが大流行しました。

そして、大流行の数年後には、パウを迎えるころにはまったくみかけることがなかったチワワの里親募集情報が溢れるようになりました。飼い主から飼育放棄されたチワワ、儲けるために繁殖に使われ、使えなくなったら捨てられ犬としてのよろこびを全く知らないチワワ、そんなチワワたちがインターネット上に溢れるようになり、乱雑な繁殖の結果、遺伝性疾患も深刻な問題となっています。

衝動買いで迎えた犬でも共に時間を重ね、大切にされてしあわせに暮らしている犬はたくさんいるでしょう。でも、本当にそこは運でしかないんですよね。犬にとって。だからどんな人も、犬を迎えることを考えている人すべてに、犬と暮らすまえに冷静に考えてすこしだけお勉強できる場所がとても大切だし、必要だと思います。

セミナーは無料、下記のような内容だそうです。

・犬との暮らしについて(楽しさ、必要なケア、そのための時間、お金のこと)
・犬との暮らしで起こり得る困りごとや対処方法のご紹介
・ライフスタイルと犬種について
・犬との出会い方について(犬の入手方法のご紹介)

犬との暮らしを愛情いっぱい、大切に大切に過ごそうと思って犬を買うことを考えている人も、ふんわりと、「犬かわいい、癒やされたい、犬ほしい」って人も、グリーンドッグさんがやっているような「ペットショップに行く前に受けてほしいセミナー」はぜひ参加してほしいなーとおもいます。

こういったセミナーを受けてみたあとで、犬を迎えるにあたり”買う”という選択肢以外も考えてもらえたらうれしいな。

犬を飼うってステキです-か?
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kankyo/aigo/yomimono/dokuhon.html

suteki 

ペットショップにいくまえに

ある犬のおはなし ~殺処分ゼロを願って~ (※音がでます)

家族なのに
http://www.wan-chan.jp/movie/anime/08.html

※動画は音がでます

犬コト

関連記事

  1. 2012.05.27

    犬を飼う知恵
  2. 2011.07.01

    Forever POW
  3. 2017/09/10 青山 ファーマーズマーケット譲渡会

コメントをお待ちしております

コメントを残す

About this site

BIENVENID@S!
Amores Perros(アモーレス ペロス)へようこそ。

このサイトでは自身が愛犬との暮らしのなかでいち飼い主として、学んだこと、考えたこと、飼い主にできる安心で安全なホリスティックケア、信頼関係を壊さないしつけなど、備忘録兼ねてアップしています。

取り入れた経験のある、または取り入れたい自然療法についての記事も多くなりますが、そこに信仰心は介入していません。自宅で飼い主ができる犬にも人にもやさしいホリスティックケアは、犬のストレスの軽減としあわせに焦点を合わせた、とても穏やかで侵襲度の低いケアです(痛みや負担をできるだけ少なくするケア)。西洋医学の治療が必要な状態の犬には、迷わず西洋医学の治療を受けさせるべきと考えています。

手元の資料の関係や15年以上前に運営していた個人サイトで投稿した記事などの引用もあり、古い情報も混在します。また、予告なく加筆・削筆・修正することもございます。情報の正確性の判断・利用等につきましては、どうか飼い主さま責任でおねがいします。

Amores Perros
(アモーレス ペロス)
mica

2016年2月
« 1月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
29  

Recent Comment